おすすめツアー

  • 人工島の砲台陣地跡と海上自衛隊の艦艇をみる
    東京湾要塞・第二海堡上陸ツアー + 軍港・横須賀クルーズ
     東京湾要塞・第二海堡上陸ツアー + 軍港・横須賀クルーズ

    関東発

    • 出発日
      10月19日(土)
    • 旅行代金
      12,200円
    • 期間
      所用時間 約5時間

    空席照会・申し込みへ進む

    *第二海堡上陸+猿島上陸+記念艦三笠見学のツアー(10月26日催行)は別の内容/別の企画です。
     (リンク)第二海堡上陸ツアー(10月26日)


     

    第二海堡上陸ツアー 広域図

     明治~昭和期にかけて、東京湾を囲む一帯には要塞が整備されました。
     観音崎、走水、猿島、富津など、浦賀水道を扼する位置に砲台群を設置、首都(帝都)防衛の要としたのです。

     さらに、観音崎と富津岬を結ぶ線上に「第一」「第二」「第三」の人工島を建設、海上砲台「海堡(かいほう)」としました。
     これら砲台群と人工島を総称して、「東京湾要塞」と呼称します。

     第二海堡には、太平洋戦争末まで砲台陣地がありましたが、戦後すぐに米軍が接収、のちに国土交通省の管理となり、長い間一般の立ち入りは禁止されていました。

     現在は東京湾の航路の安全を監視する施設・設備や、消防演習場などが置かれています。
     島の外周の海蝕が進んだため護岸が整備されましたが、砲台跡やレンガ造りの掩体壕跡など、戦前の歴史を今に伝える貴重な軍事遺構が残っています。

     2019年度より、政府が進める「公的施設・インフラの大胆な公開・開放」の一環として、渡島・上陸が可能となりました。

     一方、横須賀は幕末期に造船所が作られてから明治~大正~昭和にかけて日本海軍の拠点となり、海軍鎮守府など様々な施設・設備が整備されました。戦後も、米海軍横須賀基地や海上自衛隊の横須賀基地が置かれ、多くの艦船が母港としています。

     今ツアーでは、第二海堡と横須賀市内を徒歩で見学するほか、海上自衛隊横須賀基地のある長浦港を洋上から訪ね、港に停泊中の艦船をチャーター船上から遠望します。首都圏のすぐ近く、明治、大正、昭和の時代に営々と築かれてきた「軍港・横須賀」をご覧ください。



    第二海堡上陸ツアー 観測台跡
    砲台跡に、白ペンキでうっすらと「FORT NO.2」の字が残る
    砲台基部を台座に、現在は灯台が建つ(第二海堡


     

    第二海堡上陸ツアー 観測台跡
    中央部砲塔観測台(第二海堡)
    *崩落の危険性があるため、観測台への人の立ち入りは禁止されています


    第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    12.7センチ高角砲跡地。現在は島の電力を担う太陽光パネルが設置されている(第二海堡)


    第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    横須賀市内の公園から望む DDH-183 ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(護衛艦の停泊状況は公表されていません。実際に「いずも」が停泊しているかどうかは、当日、足を運ぶまで不明です。写真は7月中旬の撮影)(横須賀市内)

     


    空席照会・申し込みへ進む


     

     

    長浦港に停泊する掃海母艦「うらが」
    長浦港に停泊する掃海母艦「うらが」を、船上より望む


    停泊中の掃海艇
    掃海艇「あわじ」「ひらど」「はつしま」


    第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    米軍横須賀基地の正面ゲート
    車両の走行レーンが、片側3車線もある



    第二海堡上陸ツアー 砲台跡 第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    正面ゲートちかくにある通称「どぶ板通り商店街」。古くは旧日本海軍・横須賀鎮守府の門前町として栄え、戦後は米海軍の兵隊向けの商店が並んだ。ドルで買い物ができる店がある。撮影日の買い物レートは1ドル=105円(横須賀市内)


     

     10月19日(土) 9:00 発(募集49名)

    集合後、すぐにチャーター船に乗って出航、第二海堡に上陸・見学します。帰港後、専門ガイドの案内で横須賀市内を散策したのち、別の船に乗り込んで横須賀本港と長浦港を周遊、海上自衛隊司令部や停泊する艦艇、米軍の一部施設を遠望します。


    午前 8:45 三笠公園(横須賀市)集合
     第二海堡   (ガイドが引率)~
     横須賀市内散策(専門ガイドが引率・解説)~
     軍港めぐり  (船上より艦艇を遠望)
     汐入ターミナル(横須賀市)解散 午後1:45(予定)

     約5時間のツアー
     
    *昼食の用意はございません。解散は午後1時45分の予定です。
      必要な方は、適宜軽食などをお持ちください。

     おひとり旅行代金12,200円
     *東京湾海堡ツーリズム機構に支払う事務手続手数料1000円をふくみます

    >>お申込みはこちら(リンク)
    *第二海堡の上陸と見学には多くの制約があります。当ページ下方の「注意事項」を必ずお読みください。


    空席照会・申し込みへ進む


     

    第二海堡上陸ツアー 桜の検品印
    崩落しているレンガ。検品用の桜のマークがくっきりと残る(第二海堡)


    第二海堡上陸ツアー 兵舎
    桟橋近くに残る建造物(第二海堡)


     

     

    第二海堡上陸ツアー 前回のチャーター船の様子

    昨年6月、別企画で第二海堡を船上からのみ見学したチャータークルーズの様子。
    今回の「上陸ツアー」でも、同クラスの船舶をチャーターする予定ですが、
    一度に上陸できる人数に制限があるため、乗船人数は当時の6割程度となります。
    そのため旅行代金が割高となりますこと、あらかじめお断り申し上げます。

     

  • 日台ゆかりの人物 その足跡をたどる旅
    認識台湾 台南編
    認識台湾 台南編

    ツアー一覧

    • 出発日
      9月26日(木)
    • 旅行代金
      [成田発]180,000円 [関空発]170,000円(1人1室利用/燃油、諸税込み)
    • 期間
      3泊4日

     日本出身で「台湾開闢(かいびゃく)の英雄」と呼ばれる鄭成功や、台湾南部を穀倉地帯に変えた烏山頭ダムを設計した八田與一ら、日台交流にゆかりの人物の足跡を台南でたどるツアーを、9月26日から4日間の日程で開催します。産経新聞社が企画しました。

     鄭成功は漢民族の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期を長崎・平戸で過ごした明朝末期の名将です。また八田與一の功績は、今も現地で多くの人から称えられています。

     2人の足跡をたどるほか、旧台南地方法院や旧台南州廳(ちょう)、湯徳章記念公園など、日本統治時代の施設も見学。日台間の歴史秘話に触れます。


    【ポイント】

    ①八田與一氏が設計した烏山頭ダムや記念館を訪問し、今も多くの人々に感謝されているその業績を学びます。

    ②日本人と漢民族のハーフである鄭成功の足跡を巡り、日本と台湾の歴史的繋がりを解説します。

    ③「祭神」として日本軍人が祭られている 飛虎将軍廟や、タパニ―記念館にも訪れ日本時代に起きたタパニー事件なども解説します。

    ④講師は産経新聞社社員で日本台湾学会、日本台湾協会に所属する義家文春氏が務め、全旅程に同行し解説します。


     

    認識台湾

    ↑ 台南で今も功績をたたえられている八田與一の像

     

    認識台湾  

    ↑ 延平郡王祠にまつられている鄭成功

     

    認識台湾  

    ↑ 台南にある鄭成功像

    認識台湾 認識台湾 

    ↑ 旧ゼーランジャ城

     

     

    ↑ 旧台南地方法院

     

    認識台湾 

    ↑ 旧開山神社の鳥居跡

    認識台湾 

    ↑ 鄭氏政権を支えた軍師 陳永華を祭る廟


     

    みなさまは日本出身で「台湾開闢の英雄」と讃えられている鄭成功をご存じでしょうか?

    彼は現在でも中華社会で重要視されていますが、特に台湾では「台湾開闢の英雄」という扱いです。また「反清復明」という台湾島を根拠地として大陸反攻を目指した姿が蔣介石率いる国民党と重なるため戒厳令下の台湾では物凄く神格化(ただし当時は日本人のハーフということは厳禁)されていました。

     

    鄭成功は長崎県平戸の生まれ。日本名を「田川福松」と言い、7歳まで平戸に暮らしていましたが、父(鄭芝龍)と共に故郷・中国福建(泉州南安)へ旅立ちます。以降は「鄭森」と名乗り、15歳の時に科挙の「生員」に合格し、南京の「国子監」(現在の大学)で学びました。

     1644年に明が農民反乱軍に滅ぼされ、清の侵入が始まり中国各地が戦乱の坩堝と化すなか、鄭芝龍や南明の遺臣たちに担がれて福州(天興府)で即位した隆武帝に素質を認められ、

    「嫁がせる娘がいないので姓を下賜する」と言われ「朱」姓を賜わります。またこの時に「成功」の名前も下賜されました。この由来から「鄭成功」(苗字は皇室を憚り名乗らず)と呼ばれています。(近松門左衛門の「国姓爺合戦」の「国姓(皇帝の苗字)=朱」とはこの事を指します)

     以降は父と袂を分かち清討伐を実施し、明の復興を目指します。1661年に澎湖島を襲撃、そのまま台湾島を奪うためオランダ政権と1年をかけて争いこれを駆逐しますが、翌年台湾(台南)で病没してしまいます。

     現在は「延平郡王祠」(日本統治時代は「開山神社」)として側近たちと共に「神」として祭られています。

     

    また台南には湯徳章(日本名:坂井徳章)という人物がいました。彼は日台の混血児。母は台湾人、父は日本人で警察官として台南(玉井)に駐在しており、日本統治時代の本島人(台湾人)最後の武力蜂起と言われる「西来庵(タパニ―)事件」の被害者です。事件当時、湯徳章は警察宿舎におり父の最後を強く意識していたと言われています。父の後を追い警官となるものの、日本人の特権意識や差別待遇に辟易し辞職。日本の中央大学へ留学し難関である「高等文官試験」の行政科(9科目)、司法科(3科目)に合格し、日本内地での高官登用の道を捨て台湾に戻り弁護士となった人物です。

    その後台南市南区長や台南弁護士会会長などを歴任。現在まで「省籍問題」として禍根を残した二二八事件では台南における「処理委員会」の治安部会長となり、国民党側と折衝を続けました。

    「日本帝国の残滓」としてスパイ容疑で逮捕され、厳しい拷問を受けるもその他台湾人の氏名を吐かなかったために死刑判決を受け、市内の大正公園で処刑されてしまいます。

    1998年には台南市長の許添財氏が同地を湯徳章記念公園に改称し、2014年には頼清徳氏により命日の3/13が「正義と勇気の記念日」に制定されました。

     

     本ツアーではその他にも、台湾南部を穀倉地帯に変えた技師八田與一が設計した烏山頭ダムや日本軍人が「神」として祭られている廟なども巡り、日台の歴史的繋がりを探っていきます。

  • 大津島で搭乗員らの追悼式に参列
    宮本編集委員と行く 人間魚雷「回天」追悼の旅
    宮本編集委員と行く 人間魚雷「回天」追悼の旅

    関東発

    • 出発日
      令和1年11月9日(土)
    • 旅行代金
      170,000円(税込み/小人同額)※現地集合・解散希望のお客様は150,000円
    • 期間
      2泊3日

     産経新聞社は、かつて人間魚雷「回天」の訓練基地があった山口県周南市の大津島を訪ねるツアーを企画しました。11月9日から2泊3日の日程で、10日には同島で開かれる搭乗員らの追悼式に参列します。

     元特攻隊員とその遺族への取材を続けている宮本雅史編集委員(特攻隊戦没者慰霊顕彰会評議員)が同行します。大津島では「回天烈士並びに回天搭載戦没潜水艦乗員追悼式」に参列し、回天記念館や訓練基地跡を見学するほか、広島県呉市の海上自衛隊呉地方総監部(旧海軍呉鎮守府)、大和ミュージアムも訪れます。

     旧日本海軍が開発した回天は、人が乗り込んで敵艦に体当たりする特攻兵器。回天特攻作戦は昭和19年10月から20年8月まで実施され、出撃や訓練中の事故などで搭乗員106人が亡くなりました。


    このツアーのお問い合わせ・お申し込みはお電話で
      サンケイツアーズ

      03-5283-8250
        平日9:30~17:30
        土曜9:30~15:00
        日祝日休業


    宮本編集委員と行く「回天」追悼の旅

    (山口県周南市提供 このページの他の写真も同じ)


    宮本編集委員と行く「回天」追悼の旅

    IMG_2301.jpg


    宮本編集委員と行く「回天」追悼の旅

    IMG_2367.jpg


    宮本編集委員と行く「回天」追悼の旅

    IMG_2368.jpg

  • 人工島と無人島・猿島の砲台陣地跡をみる
    東京湾要塞 第二海堡上陸ツアー
    東京湾要塞 第二海堡上陸ツアー

    ツアー一覧

    • 出発日
      9月29日(日)、10月26日(土)
    • 旅行代金
      11,800円
    • 期間
      所用時間 4時間弱(+別途、記念艦「三笠」自由見学の時間を要します)

    *9月29日便は満席となりました。キャンセル待ちの申込となります。
    10月26日便は余裕があります。
    >>お申し込みはこちら(リンク)

     

    第二海堡上陸ツアー 広域図

     明治~昭和期にかけて、東京湾を囲む一帯には要塞が整備されました。
     観音崎、走水、猿島、富津など、浦賀水道を扼する位置に砲台群を設置、首都(帝都)防衛の要としたのです。

     さらに、観音崎と富津岬を結ぶ線上に「第一」「第二」「第三」の人工島を建設、海上砲台「海堡(かいほう)」としました。
     これら砲台群と人工島を総称して、「東京湾要塞」と呼称します。

     第二海堡には、太平洋戦争末まで砲台陣地がありましたが、戦後すぐに米軍が接収、のちに国土交通省の管理となり、長い間一般の立ち入りは禁止されていました。

     現在は東京湾の航路の安全を監視する施設・設備や、消防演習場などが置かれています。
     島の外周の海蝕が進んだため護岸が整備されましたが、砲台跡やレンガ造りの掩体壕跡など、戦前の歴史を今に伝える貴重な軍事遺構が残っています。

     2019年度より、政府が進める「公的施設・インフラの大胆な公開・開放」の一環として、渡島・上陸が可能となりました。

     一方、横須賀の沖合にある無人島・猿島にも、「東京湾要塞」の一翼を担う砲台群がありました。砲台陣地と陣地を結ぶ切り通しやトンネル、レンガと漆喰で堅固に築かれた兵舎や弾薬庫の跡など、島全体に往時の遺構が散在しています。

     今ツアーでは、第二海堡と猿島の二島に上陸、徒歩で見学します。首都圏のすぐ近く、明治、大正、昭和の時代に営々と築かれてきた「帝都の守り」をご覧ください。


    >>お申し込みはこちら(リンク)



    第二海堡上陸ツアー 観測台跡
    砲台跡に、白ペンキでうっすらと「FORT NO.2」の字が残る
    砲台基部を台座に、現在は灯台が建つ(第二海堡


     

    第二海堡上陸ツアー 観測台跡
    中央部砲塔観測台(第二海堡)
    *崩落の危険性があるため、観測台への人の立ち入りは禁止されています


    第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    12.7センチ高角砲跡地。現在は島の電力を担う太陽光パネルが設置されている(第二海堡)


    第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    旧日本軍のトンネル。内部には2階建ての地下室が平行に建設されていて、司令部や兵舎など要塞の中心部につながっている(猿島)


    第二海堡上陸ツアー 砲台跡
    旧日本軍の弾薬庫をうかがい見る。(猿島)


     9月29日(日) 9:00 発(募集69名)
     10月26日(土) 9:00 発(募集69名)

    集合後、すぐにチャーター船に乗って出航、猿島と第二海堡を見学します。帰港後、解散して記念艦「三笠」を自由見学するプランです。


    午前 8:45 三笠公園(横須賀市)集合
     無人島・猿島(ガイドが引率)~
     第二海堡  (ガイドが引率)~
     記念艦「三笠」自由見学

     4時間弱のツアー  おひとり旅行代金11,800円

     *東京湾海堡ツーリズム機構に支払う事務手続手数料1000円をふくみます

    >>お申し込みはこちら(リンク)
    *第二海堡の上陸と見学には多くの制約があります。当ページ下方の「注意事項」を必ずお読みください。


     


     

    第二海堡上陸ツアー 桜の検品印
    崩落しているレンガ。検品用の桜のマークがくっきりと残る(第二海堡)


    第二海堡上陸ツアー 兵舎
    桟橋近くに残る建造物(第二海堡)


    記念艦三笠 
    日露戦争の『日本海海戦』で旗艦となった戦艦「三笠」
    現在では三笠公園の中に固定、記念艦として保存されている


     

    第二海堡上陸ツアー 前回のチャーター船の様子

    昨年、別企画で第二海堡を船上からのみ見学したチャータークルーズの様子。
    今回の「上陸ツアー」でも、同クラスの船舶をチャーターする予定ですが、
    一度に上陸できる人数に制限があるため、乗船人数は昨年の催行時の6割程度となります。
    そのため旅行代金が割高となりますこと、あらかじめお断り申し上げます。

  • 「北海道が危ない」外資の土地買収実態調査ツアー
    宮本雅史編集委員と行く「異聞 北の大地」ツアー
    宮本雅史編集委員と行く「異聞 北の大地」ツアー

    関東発

    • 出発日
      9月29日(日)
    • 旅行代金
      150,000円(2名1室利用時)~ 175,000円(1名1室利用時)(税込・小人同額)
    • 期間
      2泊3日

     産経新聞社は、外国資本による不動産買い占めの実態を視察する北海道ツアーを企画しました。日程は9月29日~10月1日の2泊3日。外資による買い占めの動きを長年取材している宮本雅史本紙編集委員(写真)が完全同行・解説します。

     小樽市、洞爺湖町、登別市、千歳市など道央地域をバスで移動し、安全保障上の要衝である北海道が中国系資本に〝侵食〟されている実態を探り、現場を歩きながら国土に迫る危機について考えます。水資源が豊富な森林、自衛隊の基地周辺も訪れる予定です。

     


    ツアーポイント
    ・前回のツアーから丸2年が経過したが、中国系資本による北海道の土地買収は加速する一方である。このままでは、北海道は中国の32番目の省になってしまうのか? 国土に迫る「危機」を現場で真剣に考える旅。


     

    【当ツアーの資料請求・空席照会は】
      
    サンケイツアーズ  03-5283-8250

    平日9:30~17:30
    土曜9:30~15:00

    または、ツアー名を明記の上、
    「産経たびぶ」問い合わせフォーム(リンク)まで

     


     

    前回2017年7月実施時の撮影写真

    「異聞 北の大地」ツアー

    ↑新千歳空港に近い千歳市内の中国人専用別荘地。高台にあり、航空自衛隊千歳基地が一望できてしまう。千歳市は誰が住んでいるのか把握していない。

         


    「異聞 北の大地」ツアー

    ↑伊達市内の山林内にあるゴルフ場「トーヤレイクヒルゴルフ倶楽部」跡地。2010年に中国資本が買収したまま、ほぼ手つかずで放置されている。宮本編集委員は「ゴルフ場は開墾する必要がないから利用しやすい。宅地、農地にも転用でき、水の確保も容易だ。『自給自足の自己完結型集落』、すなわち中国人による『自治区』になる可能性がある」と解説した

     

    「異聞 北の大地」ツアー 
    喜茂別町の中国人専用ゴルフ場「一達国際 Private Golf 倶楽部。ゴルフ場は210ヘクタール(東京ドーム45個分)。2011年に中国企業が買収したが、開発計画の全貌など詳細はは明らかになっていない。

     


     

     

     このほか、2017年7月に実施した前回「異聞 北の大地」特別ツアーの詳しい様子を、当サイト内「たびぶレポ」ページで公開しています。ぜひご覧ください。

     たびぶレポ「異聞 北の大地」特別ツアー(リンク)

     


     

    【ツアー行程】
     

    9/29:羽田空港(9:30発予定)
    -<飛行機>
    -新千歳空港(11:00着予定)
    =<貸切バス>
    =千歳市内(昼食)
    =夕張市内(ホテルなど外国資本傘下の施設等見学)
    =札幌(泊、夕食は宮本編集委員を囲んでの懇親会を予定)

    【食事:朝× 昼○ 夕○】

     

    9/30:ホテル
    =<貸切バス>
    =小樽市(周辺見学)
    =赤井川村(見学)
    =道の駅きょうごく(見学と付近にて昼食)
    =喜茂別町(見学)
    =月浦温泉付近(見学)
    =洞爺湖(泊、夕食は宮本編集委員を囲んでの懇親会を予定)

    【食事:朝○ 昼○ 夕○】

     

    10/1:ホテル
    =<貸切バス>
    =伊達市(見学)
    =登別市(見学)
    =苫小牧市内(昼食と周辺見学)
    =千歳市(見学)
    =新千歳空港(18:00発予定)
    -<飛行機>-羽田空港(19:40着予定)

    【食事:朝○ 昼○ 夕×】



    *行程は一部変更になる場合もございますのでご了承ください。
     

     

     

     

  • サンケイツアーズ
  • サンケイトラベル
  • 産経ニュース
  • SANSPO.COM
  • SankeiBiz
  • ZAKZAK
  • IZA
  • Cyclist
  • 産経netshop
  • 産経Square
  • ソナエ  安心のお墓探し
  • Kiite!
  • DroneTimes
  • いべさん(イベント産経)
  • イベントスクランブル
SANKEI SHIMBUN CO.,LTD