旅行部レポ 十段戦 観戦ツアー(第56期第3局 長野県大町市)

十段戦 観戦ツアー(第56期第3局 長野県大町市)
体験

井山裕太十段の七冠防衛がかかる囲碁タイトル戦「森ビル杯 第56期十段戦」(産経新聞社主催)の第3局が2018年4月12日、長野県大町市の「くろよんロイヤルホテル」で開催されました。注目の戦いを間近で感じ、井山十段ら棋士との交流ができる、とっておきの宿泊プランを実施しました。

【催行日:2018年4月11日~4月12日 目的地:長野県大町市】

囲碁十段戦 第三局大町 前夜祭

4月11日、同ホテルで前夜祭が開催された。

大町市の牛越徹市長が「ここ大町での十段戦は今回で25回目。大町の春を呼ぶ催しとして定着している。明日の熱い戦いを確信している」とあいさつ。井山十段は「盤上でいい思い出をつくりたい」、村川八段も「ここでいい思い出を残せるように頑張りたい」と決意を表明した。

第3局では観戦宿泊プランが実施されており、プランの参加者も前夜祭に参加。井山十段や村川八段と写真を撮ったり、声をかけたりしてふれ合いを楽しんでいた。

2囲碁タイトル戦「第56期十段戦五番勝負」第3局で、初手を打つ村川大介八段(左)と井山裕太十段=12日午前、長野県大町市(飯田英男撮影)

プランの参加者は12日午前、普段は関係者しか入れない対局室に特別に入り、対局開始に立ち会った。
 ホテルの1室にしつらえられた対局室は、すべての準備を整え、後は対局者を待つばかり。あまりの静けさに、室内に入った参加者は緊張の面持ちだった。
 開始時間が近づき、村川八段、そして井山十段が対局室に入ると、空気は一層ぴんと張り詰めた。
 午前9時半、立会人の馬場滋九段の合図で対局が開始。参加者は先手を打つ音が響くと盤上を見つめ、後手との攻防を目で追っていた。

囲碁十段戦観戦ツアー 黒部ダムカレー

挑戦者の村川大介八段が選んだ昼食、地元名物の「黒部ダムカレー」。同じメニューを、ツアー参加者も楽しんだ。

囲碁十段戦観戦ツアー 大盤解説会

午後1時半からは小林覚九段と万波奈穂三段という人気棋士を迎え、ホテル内で大盤解説会も開催された。

長野県松本市出身の小林九段とテレビ番組にも出演して人気の万波三段は、どちらも大町での十段戦対局の解説ではおなじみ。万波三段が「(対局の情勢は)どんな感じですか」と話を振ると小林九段が「えっ、僕に言ってんの」と返し、万波三段が「ほかの誰に言うんですか」と突っ込むなど、息の合ったコンビぶりを見せていた。

  • サンケイツアーズ
  • サンケイトラベル
  • 産経ニュース
  • SANSPO.COM
  • SankeiBiz
  • ZAKZAK
  • IZA
  • Cyclist
  • 産経netshop
  • 産経Square
  • ソナエ(安心のお墓探し)
  • Kiite!
  • DroneTimes
  • いべさん(イベント産経)
  • イベントスクランブル
SANKEI SHIMBUN CO.,LTD