東京湾要塞・第二海堡上陸ツアー + 軍港・横須賀クルーズ
【産経新聞掲載企画】人工島の砲台陣地跡と海上自衛隊の艦艇をみる

 東京湾要塞・第二海堡上陸ツアー + 軍港・横須賀クルーズ

関東発

  • 出発日
    10月19日(土)
  • 旅行代金
    12,200円
  • 期間
    所用時間 約5時間

空席照会・申し込みへ進む

*第二海堡上陸+猿島上陸+記念艦三笠見学のツアー(10月26日催行)は別の内容/別の企画です。
  ↓
こちらのリンクから、別ページをご参照ください
 (リンク)第二海堡上陸ツアー(10月26日)


 

第二海堡上陸ツアー 広域図

 明治~昭和期にかけて、東京湾を囲む一帯には要塞が整備されました。
 観音崎、走水、猿島、富津など、浦賀水道を扼する位置に砲台群を設置、首都(帝都)防衛の要としたのです。

 さらに、観音崎と富津岬を結ぶ線上に「第一」「第二」「第三」の人工島を建設、海上砲台「海堡(かいほう)」としました。
 これら砲台群と人工島を総称して、「東京湾要塞」と呼称します。

 第二海堡には、太平洋戦争末まで砲台陣地がありましたが、戦後すぐに米軍が接収、のちに国土交通省の管理となり、長い間一般の立ち入りは禁止されていました。

 現在は東京湾の航路の安全を監視する施設・設備や、消防演習場などが置かれています。
 島の外周の海蝕が進んだため護岸が整備されましたが、砲台跡やレンガ造りの掩体壕跡など、戦前の歴史を今に伝える貴重な軍事遺構が残っています。

 2019年度より、政府が進める「公的施設・インフラの大胆な公開・開放」の一環として、渡島・上陸が可能となりました。

 一方、横須賀は幕末期に造船所が作られてから明治~大正~昭和にかけて日本海軍の拠点となり、海軍鎮守府など様々な施設・設備が整備されました。戦後も、米海軍横須賀基地や海上自衛隊の横須賀基地が置かれ、多くの艦船が母港としています。

 今ツアーでは、第二海堡と横須賀市内を徒歩で見学するほか、海上自衛隊横須賀基地のある長浦港を洋上から訪ね、港に停泊中の艦船をチャーター船上から遠望します。首都圏のすぐ近く、明治、大正、昭和の時代に営々と築かれてきた「軍港・横須賀」をご覧ください。


*艦艇の停泊状況は事前には公表されていません。護衛艦「いずも」や、掃海母艦、潜水艦救難母艦など、なんらかの任務により当日停泊していないことが多々ありますので、あらかじめご了承ください。



第二海堡上陸ツアー 観測台跡
砲台跡に、白ペンキでうっすらと「FORT NO.2」の字が残る
砲台基部を台座に、現在は灯台が建つ(第二海堡


 

第二海堡上陸ツアー 観測台跡
中央部砲塔観測台(第二海堡)
*崩落の危険性があるため、観測台への人の立ち入りは禁止されています


第二海堡上陸ツアー 砲台跡
12.7センチ高角砲跡地。現在は島の電力を担う太陽光パネルが設置されている(第二海堡)


第二海堡上陸ツアー 砲台跡
横須賀市内の公園から望む DDH-183 ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(護衛艦の停泊状況は公表されていません。実際に「いずも」が停泊しているかどうかは、当日、足を運ぶまで不明です。写真は7月中旬の撮影)(横須賀市内)

 


空席照会・申し込みへ進む


 

 

長浦港に停泊する掃海母艦「うらが」
長浦港に停泊する掃海母艦「うらが」を、船上より望む


停泊中の掃海艇
掃海艇「あわじ」「ひらど」「はつしま」


第二海堡上陸ツアー 砲台跡
米軍横須賀基地の正面ゲート
車両の走行レーンが、片側3車線もある



第二海堡上陸ツアー 砲台跡 第二海堡上陸ツアー 砲台跡
正面ゲートちかくにある通称「どぶ板通り商店街」。古くは旧日本海軍・横須賀鎮守府の門前町として栄え、戦後は米海軍の兵隊向けの商店が並んだ。ドルで買い物ができる店がある。撮影日の買い物レートは1ドル=105円(横須賀市内)


 

 10月19日(土) 9:00 発(募集49名)

集合後、すぐにチャーター船に乗って出航、第二海堡に上陸・見学します。帰港後、専門ガイドの案内で横須賀市内を散策したのち、別の船に乗り込んで横須賀本港と長浦港を周遊、海上自衛隊司令部や停泊する艦艇、米軍の一部施設を遠望します。


午前 8:45 三笠公園(横須賀市)集合
 第二海堡   (ガイドが引率)~
 横須賀市内散策(専門ガイドが引率・解説)~
 軍港めぐり  (船上より艦艇を遠望)
 汐入ターミナル(横須賀市)解散 午後1:45(予定)

 約5時間のツアー
 
*昼食の用意はございません。解散は午後1時45分の予定です。
  必要な方は、適宜軽食などをお持ちください。

 おひとり旅行代金12,200円
 *東京湾海堡ツーリズム機構に支払う事務手続手数料1000円をふくみます

>>お申込みはこちら(リンク)
*第二海堡の上陸と見学には多くの制約があります。当ページ下方の「注意事項」を必ずお読みください。


空席照会・申し込みへ進む


 

第二海堡上陸ツアー 桜の検品印
崩落しているレンガ。検品用の桜のマークがくっきりと残る(第二海堡)


第二海堡上陸ツアー 兵舎
桟橋近くに残る建造物(第二海堡)


 

 

第二海堡上陸ツアー 前回のチャーター船の様子

昨年6月、別企画で第二海堡を船上からのみ見学したチャータークルーズの様子。
今回の「上陸ツアー」でも、同クラスの船舶をチャーターする予定ですが、
一度に上陸できる人数に制限があるため、乗船人数は当時の6割程度となります。
そのため旅行代金が割高となりますこと、あらかじめお断り申し上げます。

 

【集合場所・日時・行程】

 10月19日(土) 9:00 発(募集49名)

集合後、すぐにチャーター船に乗って出港、上陸、見学。帰港後、横須賀市内を散策したのち、別の船で軍港をめぐるプランです。


午前 8:45 三笠公園(横須賀市内)集合(受付開始は8:30)
 ~三笠桟橋  (チャーター船に乗船)
 ~第二海堡  (上陸・見学 班に分かれてガイドが引率)
 ~三笠桟橋帰着 
 ~横須賀市内を散策(班に別れてガイドが引率・解説)
 ~軍港めぐり  (船上より艦艇を遠望)
 汐入ターミナル(横須賀市)解散 午後1:45(予定)

 約5時間のツアー 
 
*昼食の用意はございません。解散は午後1時45分の予定です。
  必要な方は、適宜軽食などをお持ちください。

 おひとり旅行代金12,200円
 *三笠公園は京浜急行・横須賀中央駅より徒歩15分
  汐入桟橋は京浜急行・汐入駅より徒歩5分またはJR横須賀駅より徒歩15分

>>お申込みはこちら(リンク)
*第二海堡の上陸と見学には多くの制約があります。当ページ下方の「注意事項」を必ずお読みください。

 

 


旅行条件】
  食事     なし
  添乗員同行  あり
  募集人数   49人
  最少催行人数 30人



第二海堡は東京湾洋上にあるため、陸地よりも風が強く、波が高くなります。
一方、第二海堡の桟橋は整っていないため、風と波の影響が強いと船が接岸できません。
そのため、気象状況を見てチャーター船の運行会社が「欠航」の判断をした場合は、ツアーは催行中止となります。振替ツアーもございませんのでご了承ください。

*昨年の気象データから予測される欠航確率は、約30%となります。


 

【注意事項】 ツアーのご参加に当たっての注意事項 ※必ず全部お読みください

第二海堡には文化財や各種施設・設備があり、なおかつ未整備の場所が多くあります。そのため、国の指導によりツアーには下記のさまざまな注意・禁止 事項等があります。下記注意事項(1)~(12)をお読みいただき、すべて承諾いただけた方のみ、ツアーに参加いただけます。

(1)ツアーにご参加される方は、「第二海堡上陸ツーリズム推進協議会」への誓約書を提出いただきます。後日お送りする「誓約書」を、乗船される方1 人1枚ずつ、記入日、ご住所、お名前をご記入いただき、当日必ずお持ちください。誓約書のご提出がない方はツアーにご参加いただけません。なお小学生 の方のみ、保護者の代筆が可能です。

(2)乗船時間は往復で約1時間です。浦賀水道航路等を通るため、途中大きく揺れることもあります。そのため、船酔いが激しい方の参加はご遠慮くださ い。また、適宜酔い止め薬などの準備をお願いいたします。

(3)船内や島内で下記記載の禁止事項を行った場合、また船長、乗務員や案内人の指示に従わない方がいた場合は直ちにツアーを中止し、相応の損害賠 償請求をいたします。

(4)第二海堡は観光向けの整備がされておらず、地盤崩落や陥没等が発生する可能性があります。また、必ず歩きやすい靴および服装でご参加ください (ハイヒールやサンダル等、スタッフが不適当と判断した場合は上陸をお断りしますのでご注意ください)。

(5)島内にはトイレや水道等の衛生設備がありません。船には1か所トイレがございます。

(6)島内での自由行動はできません。グループごとに案内人が引率しての見学となりますので、案内人の指示・誘導に従ってください。

(7)島内において、ドローンを飛ばして撮影することはできません。

(8)安全管理のため、島内では雨天でも傘の使用はできません。

(9)第二海堡への上陸時、転倒防止のため上下船の際には両手を自由に出来る状態にしてください。

(10)島内は見学用の通路が整備されていません。急な坂や突起物、ぬかるみ、足場の悪い箇所が数多くあります。安全確保のため、介助なしで 1時間以上歩行できる健脚の方のみご参加いただけます。杖をついての歩行、介助が必要な方等は参加いただけません。

(11)島内は足場が悪く、突起物や汚れた箇所が多数存在します。また急に天候が悪化する場合もあります。そのため、汚れても良い履物、汚れ ても良い服装でご参加ください。

(12)波の動揺、その他の状況によって船が揺れる場合がありますので、足下に十分にご注意ください。もし、乗船できた場合においても、第二 海堡に上陸することが危険と判断される場合は、上陸せずに船内でお待ちいただくこととなります。


【旅行企画・実施】

  サンケイツアーズ(産経新聞開発株式会社 旅行部)
  03-5283-8250
    平日9:30~17:30
    土曜9:30~15:00
    日祝日休業

  東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル8階
  観光庁長官登録 旅行業 第2050号
  一般社団法人 全国旅行業協会正会員

【協力】

  第二海堡上陸ツーリズム推進協議会
  東京湾海堡ツーリズム機構

  • サンケイツアーズ
  • サンケイトラベル
  • 産経ニュース
  • SANSPO.COM
  • SankeiBiz
  • ZAKZAK
  • IZA
  • Cyclist
  • 産経netshop
  • 産経Square
  • ソナエ  安心のお墓探し
  • Kiite!
  • DroneTimes
  • いべさん(イベント産経)
  • イベントスクランブル
SANKEI SHIMBUN CO.,LTD