認識台湾 台南編
日台ゆかりの人物 その足跡をたどる旅

認識台湾 台南編

ツアー一覧

  • 出発日
    9月26日(木)
  • 旅行代金
    [成田発]180,000円 [関空発]170,000円(1人1室利用/燃油、諸税込み)
  • 期間
    3泊4日

 日本出身で「台湾開闢(かいびゃく)の英雄」と呼ばれる鄭成功や、台湾南部を穀倉地帯に変えた烏山頭ダムを設計した八田與一ら、日台交流にゆかりの人物の足跡を台南でたどるツアーを、9月26日から4日間の日程で開催します。産経新聞社が企画しました。

 鄭成功は漢民族の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期を長崎・平戸で過ごした明朝末期の名将です。また八田與一の功績は、今も現地で多くの人から称えられています。

 2人の足跡をたどるほか、旧台南地方法院や旧台南州廳(ちょう)、湯徳章記念公園など、日本統治時代の施設も見学。日台間の歴史秘話に触れます。


【ポイント】

①八田與一氏が設計した烏山頭ダムや記念館を訪問し、今も多くの人々に感謝されているその業績を学びます。

②日本人と漢民族のハーフである鄭成功の足跡を巡り、日本と台湾の歴史的繋がりを解説します。

③「祭神」として日本軍人が祭られている 飛虎将軍廟や、タパニ―記念館にも訪れ日本時代に起きたタパニー事件なども解説します。

④講師は産経新聞社社員で日本台湾学会、日本台湾協会に所属する義家文春氏が務め、全旅程に同行し解説します。


 

認識台湾

↑ 台南で今も功績をたたえられている八田與一の像

 

認識台湾  

↑ 延平郡王祠にまつられている鄭成功

 

認識台湾  

↑ 台南にある鄭成功像

認識台湾 認識台湾 

↑ 旧ゼーランジャ城

 

 

↑ 旧台南地方法院

 

認識台湾 

↑ 旧開山神社の鳥居跡

認識台湾 

↑ 鄭氏政権を支えた軍師 陳永華を祭る廟


 

みなさまは日本出身で「台湾開闢の英雄」と讃えられている鄭成功をご存じでしょうか?

彼は現在でも中華社会で重要視されていますが、特に台湾では「台湾開闢の英雄」という扱いです。また「反清復明」という台湾島を根拠地として大陸反攻を目指した姿が蔣介石率いる国民党と重なるため戒厳令下の台湾では物凄く神格化(ただし当時は日本人のハーフということは厳禁)されていました。

 

鄭成功は長崎県平戸の生まれ。日本名を「田川福松」と言い、7歳まで平戸に暮らしていましたが、父(鄭芝龍)と共に故郷・中国福建(泉州南安)へ旅立ちます。以降は「鄭森」と名乗り、15歳の時に科挙の「生員」に合格し、南京の「国子監」(現在の大学)で学びました。

 1644年に明が農民反乱軍に滅ぼされ、清の侵入が始まり中国各地が戦乱の坩堝と化すなか、鄭芝龍や南明の遺臣たちに担がれて福州(天興府)で即位した隆武帝に素質を認められ、

「嫁がせる娘がいないので姓を下賜する」と言われ「朱」姓を賜わります。またこの時に「成功」の名前も下賜されました。この由来から「鄭成功」(苗字は皇室を憚り名乗らず)と呼ばれています。(近松門左衛門の「国姓爺合戦」の「国姓(皇帝の苗字)=朱」とはこの事を指します)

 以降は父と袂を分かち清討伐を実施し、明の復興を目指します。1661年に澎湖島を襲撃、そのまま台湾島を奪うためオランダ政権と1年をかけて争いこれを駆逐しますが、翌年台湾(台南)で病没してしまいます。

 現在は「延平郡王祠」(日本統治時代は「開山神社」)として側近たちと共に「神」として祭られています。

 

また台南には湯徳章(日本名:坂井徳章)という人物がいました。彼は日台の混血児。母は台湾人、父は日本人で警察官として台南(玉井)に駐在しており、日本統治時代の本島人(台湾人)最後の武力蜂起と言われる「西来庵(タパニ―)事件」の被害者です。事件当時、湯徳章は警察宿舎におり父の最後を強く意識していたと言われています。父の後を追い警官となるものの、日本人の特権意識や差別待遇に辟易し辞職。日本の中央大学へ留学し難関である「高等文官試験」の行政科(9科目)、司法科(3科目)に合格し、日本内地での高官登用の道を捨て台湾に戻り弁護士となった人物です。

その後台南市南区長や台南弁護士会会長などを歴任。現在まで「省籍問題」として禍根を残した二二八事件では台南における「処理委員会」の治安部会長となり、国民党側と折衝を続けました。

「日本帝国の残滓」としてスパイ容疑で逮捕され、厳しい拷問を受けるもその他台湾人の氏名を吐かなかったために死刑判決を受け、市内の大正公園で処刑されてしまいます。

1998年には台南市長の許添財氏が同地を湯徳章記念公園に改称し、2014年には頼清徳氏により命日の3/13が「正義と勇気の記念日」に制定されました。

 

 本ツアーではその他にも、台湾南部を穀倉地帯に変えた技師八田與一が設計した烏山頭ダムや日本軍人が「神」として祭られている廟なども巡り、日台の歴史的繋がりを探っていきます。

【ツアー行程】

1日目:①高雄空港で合流※バス移動==②紅毛港保安堂==③旧高雄神社見学==※バスで移動中に車窓より旧高雄市役所、旧高雄駅を見学==④夕食(18:30開始~20:00夕食会終了) ==⑤ホテル到着
食事:朝× 昼 機内食 夕○

2日目:ホテル==①烏山頭ダム※八田墓園、殉工碑、八田紀年館、放水路、八田公園を巡る(10:10着/12:00発)==②昼食==③玉井青果市場==④タパニ―事件記念館==⑤飛虎将軍廟==⑥夕食==⑦ホテル到着
食事:朝○ 昼○ 夕○

3日目:ホテル==①台南駅==②湯徳章公園==③旧台南州廳==④林百貨店==⑤昼食==⑥延平郡王祠==⑦安平古堡==⑧大后天宮==⑨赤かん楼==⑩陳永華宮==⑪夕食==⑫ホテル到着
食事:朝○ 昼○ 夕○

4日目:ホテル==①旧台南地方法院==②高鐵台南駅==③高鐵桃園駅==④桃園空港到着、解散
食事:朝○ 昼○ 夕 機内食 →東京出発分のみ


【企画・実施】

株式会社オーバーシーズ・トラベル

旅行業登録番号 : 観光庁長官登録旅行業第366号

住所 : 104-0061
東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル2階

所属協会 : 日本旅行業協会

総合旅行業務取扱管理者 : 牧野 大輔
TEL : 03-3567-1202 FAX : 03-3563-2320

営業時間 : 09:30-18:30 (土日祝日休業)

 

  • サンケイツアーズ
  • サンケイトラベル
  • 産経ニュース
  • SANSPO.COM
  • SankeiBiz
  • ZAKZAK
  • IZA
  • Cyclist
  • 産経netshop
  • 産経Square
  • ソナエ  安心のお墓探し
  • Kiite!
  • DroneTimes
  • いべさん(イベント産経)
  • イベントスクランブル
SANKEI SHIMBUN CO.,LTD